※目次

  1. カスタムテンプレートを使用して書類を作成する

  2. カスタムテンプレートを定型パターンに設定する

  3. インポートファイルでカスタムテンプレートを使用する


カスタムテンプレートを使用するには、「標準テンプレートのカスタマイズ(早期アクセス)」の早期アクセスを有効化し、カスタムテンプレートを予め作成する必要があります。

まずはこちらの手順で有効化を行なってください。

1.カスタムテンプレートを使用して書類を作成する

作成したカスタムテンプレートは、書類の作成・編集画面内の[テンプレート]プルダウンより選択することができます。

※カスタムテンプレートの作成時に設定した「テンプレート名」が、プルダウンの選択肢として表示されます。

▼イメージ図(例:納品書兼請求書テンプレート)

テンプレートを選択後「PDFをプレビュー」を押下すると、カスタマイズした項目が反映された書類をご確認いただけます。

2.カスタムテンプレートを定型パターンに設定する

カスタムテンプレートを定型パターン作成時に設定することや、「書類設定」で新規書類作成時のデフォルトとして設定することが可能です。

定型パターンや書類のデフォルト設定ついては、こちらのヘルプ記事をご参照ください。

3.インポートファイルでカスタムテンプレートを使用する

書類データや定型パターンデータのインポートをする際、インポートファイルに「テンプレートコード」を入力し「カスタムテンプレート」を設定することが可能です。

(1)カスタムテンプレートの詳細画面にて[テンプレートコード]をコピーする

(2)インポートファイル上の「テンプレート」欄にペースト(貼付)する

インポートについての詳細は、こちらのヘルプ記事、及びインポートファイル内の「はじめにお読みください」をご参照ください。

※オプション機能「カスタムCSVインポート」をご利用の方は、操作方法が異なります。詳細については、こちらのマニュアルをご参照ください。

関連記事

標準テンプレートをカスタマイズする(早期アクセス)

回答が見つかりましたか?