*目次
  1. 概要

  2. 利用する前の注意事項

  3. 書類に利用可能な変数

  4. 明細表「明細」「簡易明細」「見出し」行で利用可能な変数

  5. 明細表「小計」など集計項目行で利用可能な変数

  6. 明細サマリーで利用可能な変数

1.概要

※ユーザー定義テンプレートの機能および追加方法は『ユーザー定義テンプレートを追加する』をご参照ください。

Excelファイル形式のテンプレートでは、書類のデータを表示したいセルに所定の変数を書き込む必要があります。

本記事では、利用できる変数をご案内します。

Excelに使用したい項目の変数( [[ ]] を含む)をExcelに直接書き込んでください。

2.利用する前の注意事項

[データの出力形式について]

Excelファイル上のフォント設定を除く「セルの書式設定」が原則反映されます。

「表示形式」の設定がないと、各変数の出力イメージの通り出力されます。

例:

「数値(半角)」の場合、数字のみが出力されますので、カンマ区切りや通貨記号を足したい場合はExcelファイルの書式で設定してください。

Excelファイルで任意の表示形式に設定の上、MakeLeapsへ追加してください。

詳細は『ユーザー定義テンプレート:基本のカスタマイズ』記事内の目次2.『カスタマイズをする前の注意事項』をご確認ください。

3.書類に利用可能な変数

こちらの変数は、書類の任意の場所に書き込むことができます。

ただし、明細行でこちらの変数を使うと、すべての行に同じ内容が出力されますので、基本的に明細表では使いません。

MakeLeapsが提供する標準項目

変数

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[date]]

発行日

日付

固定文と併用時の出力イメージ:2022/07/20

[[date_due]]

お支払期限

日付

固定文と併用時の出力イメージ:2022/07/20

[[date_shipped]]

納品日

日付

対象書類タイプ:納品書のみ

固定文と併用時の出力イメージ:2022/07/20

[[date_valid]]

有効期限

日付

対象書類タイプ:見積書のみ

固定文と併用時の出力イメージ:2022/07/20

[[document_number]]

書類番号

文字列

[[project_name]]

案件名

文字列

[[proviso]]

但し

文字列

対象書類タイプ:領収書のみ

[[subtotal.amount]]

小計

数値(半角)

[[tax.amount]]

消費税

数値(半角)

[[jp_withholding_tax.amount]]

源泉所得税

数値(半角)

[[total.amount]]

合計金額

数値(半角)

[[message]]

備考

文字列

[[ex.ml_last_invoice_amount]]

前回御請求額

数値(半角)

[[ex.ml_last_paid_amount]]

御入金額

数値(半角)

[[ex.ml_adjustment]]

調整額

数値(半角)

[[ex.ml_carryover]]

繰越金額

数値(半角)

[[ex.ml_amount_to_pay]]

今回御請求額

数値(半角)

[[bank_details_header]]

お振込先(ラベル)

文字列

対象書類タイプ:請求書のみ

[[bank_details]]

お振込先(内容)

文字列

対象書類タイプ:請求書のみ

[[client_name]]

(取引先)社名

文字列

[[client_address.formatted]]

(取引先)住所

文字列

出力イメージ:

[日本式表記]

〒153-0061

東京都目黒区中目黒3-1-5

YK中目黒ビル2F

[外国式表記]

2F YK Nakameguro Building

3-1-5 Nakameguro Nakameguro-ku

Tokyo 153-0061

[[client_contact_department]]

(取引先)部門

文字列

[[client_contact_title]]

(取引先)肩書き

文字列

[[client_contact_name]]

(取引先)連絡先名

文字列

[[client_name_with_honorific]]

(取引先)社名+御中

文字列

書類に連絡先名・部門・肩書きが入力されていない時のみ、「御中」がつきます。

出力イメージ:

株式会社サンプル 御中

[[client_contact_department_with_honorific]]

(取引先)部門+御中

文字列

書類に連絡先名・肩書きが入力されていない時のみ、「御中」がつきます。

出力イメージ:

経理部 御中

[[client_contact_name_with_honorific]]

(取引先)連絡先名+様

文字列

書類に連絡先名が入力されている時のみ、「様」がつきます。

出力イメージ:

検証太郎 様

[[client_phone_number]]

(取引先)電話

文字列

取引先に住所が登録されている時のみ、出力されます。

[[client_fax_number]]

(取引先)FAX

文字列

取引先に住所が登録されている時のみ、出力されます。

[[partner_contact_name]]

(自社)社名

文字列

[[partner_address.formatted]]

(自社)住所

文字列

出力イメージ:

[日本式表記]

〒153-0061

東京都目黒区中目黒3-1-5

YK中目黒ビル2F

[外国式表記]

2F YK Nakameguro Building

3-1-5 Nakameguro Nakameguro-ku

Tokyo 153-0061

[[partner_fax_number]]

(自社)FAX

文字列

[[partner_phone_number]]

(自社)電話

文字列

[[sending_contact_title]]

(自社)連絡先肩書き

文字列

[[sending_contact_name]]

(自社)連絡先名

文字列

[[partner_tax_registration_number]]

(自社)登録番号

文字列

書類の追加項目

1テンプレートにつき、書類の追加項目を10個まで追加できます。

下記の書き方に沿って変数を記入してください。

変数の記入方法

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[ex.識別キー]]

「追加項目」で設定した表示名

「追加項目」で設定した出力形式

(日付/ テキスト)

具体例:

[追加項目の識別キーが contract_no の場合]

[[ex.contract_no]]

[[ex.識別キー.amount]]

「追加項目」で設定した表示名

「追加項目」で設定した出力形式

(通貨)

具体例:

[追加項目の識別キーが deposit の場合]

[[ex.deposit.amount]]

Excel上の記入例:

4.明細表「明細」「簡易明細」「見出し」行で利用可能な変数

「明細表」とは、一般的に明細表のヘッダー行と、すべての明細/内訳における取引の明細、数量や金額などの情報を記載するエリアです。

こちらの変数は [[loop itemgroup.lineitems as item]][[endloop]] の間の「明細」、「簡易明細」もしくは「見出し」の行でご利用いただけます。

MakeLeapsが提供する標準項目

変数

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[item.description]]

明細名

文字列

[[item.quantity]]

数量

数値(半角)

※「明細」行にのみ使用できます。

[[item.quantity_unit]]

単位

文字列

※「明細」行にのみ使用できます。

※書類で入力があるときのみ、出力されます。

[[item.unit_cost.amount]]

単価

数値(半角)

※「明細」行にのみ使用できます。

[[item.price.amount]]

価格

数値(半角)

※「明細」「簡易明細」行にのみ使用できます。

[[item.tax_rate]]

税率

数値(半角)

出力イメージ:

10%の場合は数字の「10」が出力されます

[[item.counter]]

行の通し番号

数値(半角)

見出し行を含む行の通し番号。

通し番号は、明細グループごとに採番されます。

[[item.total_items]]

トータルの行数

数値(半角)

行の通し番号と組み合わせて、下記のような設定が可能です。

[[item.total_items]] 行中 [[item.counter]] 行目

 ↓↓↓

5行中 1行目

として出力されます。

トータルの行数は、明細グループごとに算出されます。

明細行の追加項目

1テンプレートにつき、明細行追加項目を6つまで利用できます。

下記の書き方に沿って変数を記入してください。

変数の記入方法

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[item.ex.識別キー]]

「追加項目」で設定した表示名

「追加項目」で設定した出力形式

(日付/ テキスト)

具体例:

[追加項目の識別キーが product_code の場合]

[[item.ex.code]]

[[item.ex.識別キー.amount]]

「追加項目」で設定した表示名

「追加項目」で設定した出力形式

(通貨)

具体例:

[追加項目の識別キーが cost の場合]

[[item.ex.cost.amount]]

Excel上の記入例:

5.明細表「小計」など集計項目行で利用可能な変数

「明細表」とは、一般的に明細表のヘッダー行と、

すべての明細/内訳における取引の明細、数量や金額などの情報を記載するエリアです。

こちらの変数は、次の場合にご利用いただけます。

  • 明細表の「小計」行

  • 書類の「詳細設定」で「消費税率ごとに明細を分類する」を有効にした際の集計結果の行

変数

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[summary_box.description]]

ーー

文字列

通常の出力イメージ:

小計

「消費税率ごとに明細を分類する」設定を指定している場合は、自動的に対象税率と小計の表記名で出力されます。

出力イメージ:

10%対象

消費税(10%)

[[summary_box.price.amount]]

価格

数値(半角)

出力イメージ:

上記出力されたデータ項目に相当する実際の金額です。

6.明細サマリーで利用可能な変数

「明細サマリー」とは、下記のような書類の明細表の下に、消費税率ごとの「小計」「消費税」および全体の「合計」金額を表示する部分です。

こちらの変数は、明細サマリーでのみご利用いただけます。

変数

MakeLeaps内の表記名

出力形式

備考

[[totalization.description]]

ーー

文字列

出力イメージ:

消費税(10%)

消費税(8%)

など、書類のデータによって、自動的に必要な内容が出力されます。

[[totalization.value.amount]]

ーー

数値(半角)

出力イメージ:

上記出力されたデータ項目に相当する実際の金額です。

※関連記事
回答が見つかりましたか?