スキャナーがなくても、デジタルカメラやスマートフォンのカメラを使って簡単&綺麗に電子化することができます。

Windowsの場合はこちらの手順をご覧ください。

Macの場合はこちらの手順をご覧ください。

Windowsの場合

【準備するもの】

デジタルカメラまたはカメラ付き携帯電話、Windowsのパソコンと真っ白な紙を用意してください。

1. 真っ白な紙に社印を押す

取り込みたい社印を白い紙に押してください。この時、できるだけ真っ白な紙を使用して下さい。複数回押印すると、後に一番いいものを選べます。

2. 取り込む写真を撮影する

この時、光と影を注意してください。できるだけ真上から撮影することをオススメします。

3. 撮影した写真をWindowsのパソコンに転送する

今回はメールでデータを移しました。メールやDropbox等を利用すると簡単です。

4. パソコンに移したデータをダウンロードし、ペイントで開く

ダウンロードされた社印のデータをダブルクリックすると、Windowsに標準搭載されている「Windows フォト ビュアー」で自動的に開きます。表示した後、Windowsに標準搭載されている「ペイント」で再度表示させます。

↓↓↓

5. 必要な部分だけを切り取る

まずペイントツールバー上にある選択をクリックします。

その後、画像上にカーソルを合わせるとマウスが十字状になるので、必要な部分だけをドラックして囲みます。囲んだ後、ペイントツールバーの「トリミング」をクリックすると、必要な部分が切り取られます。

6. サイズを調整する

ペイントツールバーの「サイズ変更」をクリックします。

枠内の内容を利用したい大きさに調整してください。

7. フォーマットを変更し、保存する

ツールバーの「名前を付けて保存」の右矢印をクリックすると、数種類のフォーマットが表示されます。その中から利用したいフォーマットを選択してください。あとは、ファイル名を付けて「保存」ボタンを押してください。

以上で完了です。

※データ化した社印を綺麗に加工したい場合は、PhotoshopやPIXLR等の画像加工ソフトをご利用ください。

Macの場合

【準備するもの】

デジタルカメラまたはカメラ付き携帯電話、Macのパソコンを用意してください。
今回はiPhoneを使用します。

1. 真っ白な紙に社印を押す

取り込みたい社印を白い紙に押してください。この時、できるだけ真っ白な紙を使用して下さい。

2. 取り込む写真を撮影する

写真を撮る際に、光と影を注意してください。できるだけ真上から撮影することをオススメします。

3. 撮影した写真をMacパソコンに転送する

メールやDropbox等を利用すると簡単です。今回はメールでデータを移しました。

4. パソコンに移したデータをダウンロードし、プレビューで開く

ダウンロードされた社印のデータをダブルクリックすると、Macに標準搭載されている「プレビュー」で自動的に開きます。

5. 必要な部分だけを切り取る

まず画像上にカーソルを合わせるとマウスが十字状になるので、必要な部分だけをドラックして囲みます。囲んだ後、ツールバーの「ツール」から「切り取り」を選んでください。

※必要な部分を囲んだ後に以下のペンマークをクリックすると、「切り取る」ボタンが表示されます。ここからでも切り取り可能です。

6. 色を調整する

ツールバーの「ツール」から「カラーを調整」を選択すると、カラー調整のパレットが表示されるので色を調節してください。「自動レベル」を選択するとある程度までは、自動で調節してくれます。またそれぞれの項目も個別に調整することもできます。

※明るさに気をつけて、色を調整してください。

7. サイズを調整する

ツールバーの「ツール」から「サイズを調整」を選択して、利用したい大きさに調整してください。

↓↓↓

8. フォーマットを変更し、保存する

ツールバーの「ファイル」から「書き出す」を選択してください。上部にはデータ名やデータを保存する場所を記入します。下部にはフォーマットを選択できる項目があるので、適当なフォーマットを選び、保存してください。

以上で完了です。

※データ化した社印を綺麗に加工したい場合は、PhotoshopやPIXLR等の画像加工ソフトをご利用ください。

*関連記事
回答が見つかりましたか?