社印のデータは、スキャナー等を使って取り込むことができます。

※デジタルカメラやスマートフォンなどの写真データから社印をデータ化する場合の手順については、こちらのページをご覧ください。

【準備するもの】

  • 真っ白な紙
  • 個人印(認印・銀行印・実印(9〜18mm))
    または、社印(丸印(認印・銀行印・実印)・角印(16.5〜26mm))
  • パソコン
  • スキャナー

1. 真っ白な紙に印鑑を押印します

2. 押印した紙をスキャンし、PC上にデータを取り込んで保存します

3. 印鑑のスクリーンショットを取ります

余白部を出来るだけなくすように、スクリーンショットを取ってください。

4. フォーマットを確認します

MakeLeapsで使用可能のフォーマットはGIFJPEGPNGTIFFの4種類です。

それ以外のフォーマットであれば、プレビュー(Mac)やペイント(Windows)等を用いて変更してください。

5. データのサイズを確認します

MakeLeapsは400px × 400px(ピクセル)、1.0MB以内のサイズに対応しており、アップロードされる印影のデータは自動的にリサイズされ書類上に表示されます。そのため、印影が400px以上、あるいは1.0MB以上の場合、サイズを収縮させる必要があります。

参考例:10mmの印鑑を用いた場合、110px×110px(ピクセル)の大きさだと、ほぼ等倍で書類に表示されます。また参考例の印影(10mm)より印鑑が小さい場合は、更に余白を加えると拡大後もほぼ等倍で書類に表示させることができます。

6. MakeLeapsのシステム上にある、「自社設定」をクリックします

7. 設定画面内の「社印をアップロード」をクリックし、先程保存した社印データを選択します

以上で完了です。

*関連記事
回答が見つかりましたか?