*目次
  1. MakeLeaps上で自社情報を設定する
  2. 振込先を含むデフォルト設定をする
  3. 「取引先」情報をMakeLeapsに同期する
  4. 取引先ごとに送付方法を設定する

1. MakeLeaps上で自社情報を設定する

⑴「自社設定」>「設定」をクリックし、右上の「会社情報を編集する」から社名・通貨・会計年度初め等を設定 > 「保存」をクリック

⑵ 同画面にて「ロゴをアップロード」、「社印をアップロード」ボタンをクリックし、社印の画像データをアップロードする


※画面上で画像のリサイズとトリミングが可能です。
※ ロゴ/社印はそれぞれPNGJPEGGIFTIFFの4種類のフォーマットに対応しています。
※ 画像サイズは適宜自動調整されますが、推奨サイズは400×400ピクセル、最大サイズは1.0 MBまでです。

*関連記事

【ロゴの場合】

【社印の場合】

⑶ 最後に「アップロード」ボタンをクリックすると、アップロードが完了します。

⑷ 同画面上にて、「自社連絡先」>「連絡先を追加」ボタンをクリックし、自社の住所を登録して「保存」をクリック

⑸ 同画面上にて、デフォルトの書類の送付方法、メールの件名・文面、返信用のメールアドレス等を設定できます。

2. 振込先を含むデフォルト設定をする

⑴ 「書類設定」画面の「定型パターン」タブにて、請求書の行にある「編集」をクリック

⑵ 支払期限、備考欄の文面、銀行振込を受け付ける銀行口座についてデフォルトで情報を登録することができます。

⑶ ページ下部よりテンプレートを選択し、「保存」をクリックすると請求書のデフォルト設定が完了します。

3. 「取引先」情報をMakeLeapsに同期する

Salesforce「取引先」情報のうち、どの「取引先」をMakeLeapsと同期するかを選択します。

※「取引先」の中で「MakeLeapsと同期」にチェックを入れたものだけがMakeLeapsと同期されます。

⑴ Salesforceの「取引先」タブから「すべての取引先」ビューを選択

⑵ 同期する取引先を選択し「MakeLeapsと同期」をクリック

⑶ 確認画面で「確定」をクリック

⑷ 完了(同期データがMakeLeapsに反映されるまで、数分を要します。)

4. 取引先ごとに送付方法を設定する

⑴ 左メニューの「取引先」より、取引先を選択後、画面右上の「送付設定」をクリック

⑵ 「書類の送付設定」(送付方法)または「セキュア送信」(送付先)の「編集」をクリック

⑶ 編集後「保存」をクリック

回答が見つかりましたか?