*目次
  1. 外部PDFファイルを読み込んだ書類データとは

  2. MakeLeaps上で行うことのできる操作

1. 外部PDFファイルを読み込んだ書類データとは

書類編集ページ上で「この書類は外部PDFファイルを読み込んでいます。書類を編集しても元のPDFを修正することはできません。」とメッセージが表示される場合があります。

このメッセージ表示がある書類データは、「PDF一括送付」機能を用いてMakeLeapsのシステム外で作成したPDFファイルを読み込んで生成されています。

そのため、本画面で編集した書類上の項目は、実際の発行されるPDF上には反映されません。

書類内容の修正が必要な場合はPDFの元データを修正し、PDFファイルへ出力した上でPDFの置き換えを行ってください。

<PDFの置き換え方法>

書類編集画面上部の「PDFを置き換える」ボタンを押下し、任意のPDFファイルを選択すると、MakeLeaps上の書類に紐づくPDFファイルを置き換えることができます。

なお、電子帳簿保存法の管理に必要な書類情報やステータスの編集・変更はMakeLeaps上で操作することが可能です。詳細は「2. MakeLeaps上で行うことのできる操作」をご参照ください。

2. MakeLeaps上で行うことのできる操作

外部PDFを読み込んでいる書類データ上で操作が可能な箇所は以下の通りです。

■書類編集画面上

  • 送付日※

  • 入金日※

  • 無効日※

  • 関連する発注書番号

  • タグ

  • メモ

  • 書類外部ID

■書類表示画面上

  • 送付日※

  • 入金日※

  • 無効日※

  • 書類の承認・承認の取り消し(承認機能を有効化している場合のみ)

※承認機能を有効にしている場合、以下の操作はできません。

  • 未承認の書類の送付日・入金日の入力

  • 承認済み・無効化書類の再有効化

また、作成された書類データでは以下の機能を使用することができます。

それぞれの詳細については、関連リンクをご参照ください。

※書類の複製・統合・変換には対応していません。

回答が見つかりましたか?