*目次
  1. 標準テンプレートのカスタマイズ(早期アクセス)とは

  2. 標準テンプレートのカスタマイズ(早期アクセス)を有効化する

  3. 標準テンプレートをカスタマイズする

  4. その他の操作仕様

1. 標準テンプレートのカスタマイズ(早期アクセス)とは

※旧名:PDF項目カスタムテンプレート(早期アクセス)

無料プラン・個人プランのユーザー様は本機能の適用対象外です。

(トライアル期間中はご利用いただけます。)

MakeLeaps上で選択可能なテンプレートをベースに、書類をPDF化した際に表示される表題や項目の名称等を任意の文言へ変更した「カスタムテンプレート」を作成できる機能です。作成した「カスタムテンプレート」は書類の作成・編集画面で選択できるようになります。

具体例:

  • 表題名”御請求書”を”納品書兼請求書”に変更する

  • “消費税”を”Digital Service Tax”という名称に変更する

  • 書類の宛先(取引先)の住所を非表示にする

注意点:

「見積書」を元に作成されたカスタムテンプレートは、「見積書」編集画面でのみ選択が可能となり、書類はシステム上通常の「見積書」として扱われます。例えば、見積書の表題を「請求書」に変えた場合は、「見積書」一覧画面に表示され、入金情報と紐づけることはできません。

2. 標準テンプレートのカスタマイズ(早期アクセス)を有効化する

※こちらの操作は、管理者権限がある方のみ可能です。

(1)「自社情報」>「早期アクセス」>標準テンプレートのカスタマイズの「利用を開始」をクリックする

(2)有効化後、「書類設定」画面に「カスタムテンプレート」の項目が追加され、利用が可能となる

それぞれのメンバーに利用権限を割り当てることができます。

「権限設定」の手順・詳細はこちらをご参照ください。

3.標準テンプレートをカスタマイズする

例:[納品書兼請求書]という表題のテンプレートを[請求書]を元に作成する場合

(1)「書類設定」>「カスタムテンプレート」>「標準テンプレートをカスタマイズ」を押下し、元にする書類の種類を選択する

※こちらで選択した書類の種類の新規作成または編集画面にて、作成した「カスタムテンプレート」が選択可能となります。例えば、「請求書」を元に作成したカスタムテンプレートは「請求書」の新規作成または編集画面にて選択可能です。

(2)[テンプレート名]欄に任意のテンプレート名を入力し、元テンプレート(ベースとなるテンプレート)の種類を選択、「作成」をクリックする

※[テンプレート名]として入力した内容は、書類の作成・編集画面におけるテンプレートの選択肢として表示されます。

(3)[カスタマイズ設定] プルダウンより[書類名]を選択し、項目右手の緑の「+」ボタンをクリックする

(4)書類名を任意の名称へ変更する

※[書類名]に入力した内容が、PDF上に表題として反映されます。

その他カスタマイズしたい項目がある場合は、手順⑶〜⑸を繰り返し、カスタマイズ項目を追加してください。

(5)「プレビュー」を押下し、既存書類を選択します。変更内容がPDF上でどのように表示されるか確認し、「保存」をクリックする

(6)[カスタマイズ設定]の内容を確認し、画面右上の 「適用」 をクリックする

(7)注意書きを確認し、「適用」をクリックする

なお書類名を変更した場合、書類送付時の書類名の表記にも反映されます。

下記3点が書類名をカスタマイズした時に反映される箇所です。

①セキュア送信の件名やメッセージに書類番号や書類種類の変数が挿入されている場合、書類名が反映されます。

▼「送付前確認」画面

②セキュア送信のメール内の表記に書類名が反映されます。

▼受信メール

▼書類URLリンク内

③郵送代行で複数の書類を同封した場合、「送付状」内の書類名に反映されます。

4.その他の操作仕様

「テンプレート名」を押下すると、作成したテンプレートの詳細内容を確認することができます。

▼詳細画面

[操作ボタンの説明]

「適用」

・「適用」後は書類の編集画面上の「テンプレート」リストに反映します

・「適用」後は「編集」「削除」が不可となります

・「適用」後は「複製」「無効化」は可能です

「編集」

・「適用」前のカスタムテンプレートの編集が可能です

・テンプレート名、カスタマイズの内容の編集が可能です

・元となるテンプレートの変更は不可となります

・編集後、「保存」ボタンを押下しないと変更内容は保存されません

「複製」

・カスタマイズの内容がコピーされ、新しくカスタムテンプレートを作成します

・カスタマイズの内容の変更が可能です

「ゴミ箱マーク」

・「適用」前のカスタムテンプレートの削除が可能です

・「適用」後のカスタムテンプレートの削除は不可となります

・削除したカスタムテンプレートは復元ができず、検索も不可となります

「無効化」

・「適用」後のカスタムテンプレートのみ選択が可能です(「適用」前は無効化は行えません)

・「無効化」後は書類の編集画面上の「テンプレート」リストから消え、選択ができなくなります

・「無効化」後、「有効化」に戻すことが可能です

関連記事

カスタムテンプレートを使用する

回答が見つかりましたか?