*目次
  1. MakeLeapsで設定できる権限

  2. 利用権限

  3. 操作・閲覧制限

  4. 管理者・所有者権限

  5. 権限の設定方法(管理者を複数設定する項目・所有者変更方法を含む)

1.MakeLeapsで設定できる権限

MakeLeapsには複数の権限タイプが存在します。

■利用権限:MakeLepsを利用するための権限です。それぞれのメンバーに「一般権限メンバー」もしくは「無料メンバー(閲覧のみ)」いずれかの利用権限を割り当てることができます。

■操作・閲覧権限:具体的な書類・機能ごとに個別に設定できる操作・閲覧の権限です。

■管理者権限:MakeLeapsの会社アカウントの管理に関連する権限です。

■所有者権限:管理者と同等の権限を持ち、会社アカウントの削除が可能です。

※1つの会社アカウントに1ユーザーのみ設定が可能です。

上記それぞれの権限に関しての詳細は以下をご参照ください。

2. 利用権限

MakeLeapsの会社アカウントを複数のメンバーで利用する際、それぞれのメンバーに「一般権限メンバー」もしくは「無料メンバー(閲覧のみ)」いずれかの利用権限を割り当てることができます。

「一般権限メンバー」の利用権限を付与することができるのは、プランでお申し込み中のメンバー数までです。

▼現在のプラン内容については「現在のプラン名・プラン内容を確認する」よりご確認ください

「無料メンバー(閲覧のみ)」はメンバー数にはカウントされないため、お申し込みプランにかかわらず追加することができます。

無料メンバーは以下の操作のみが可能です。

  • 書類・取引先情報の閲覧

  • 書類PDFの表示・ダウンロード

  • メンバーの招待・退会
     ※無料メンバーにも管理者権限を付与することが可能です

各メンバーの利用権限については、メンバー一覧画面から確認することができます。

3. 操作・閲覧権限

「所有者」および「管理者」のメンバーは、他のメンバーがMakeLeaps上で行うことができる操作・データの閲覧を含むアクセスを制限することが可能です。

一般権限メンバーには以下の権限を付与することができます。

■ 書類に関する権限

【対象書類:全書類

  • 閲覧 ... その書類に関するページを閲覧することができます

  • 作成/編集/削除 ... 書類の作成・編集・削除を行うことができます

  • 無効化 ... 書類を無効化することができます

  • 送付 ... 書類の送付(郵送・セキュア送信)をすることができます

その他、特定の書類でのみ適用が可能な権限は以下の通りです。

【対象書類:見積書発注書(自社宛)

  • 発注済みにする ... 書類のステータスを発注済みに変更することができます

【対象書類:検収書

  • 検収済みにする ... 書類のステータスを検収済みに変更することができます

【対象書類:発注書(自社宛)

  • 入金消込 ... 書類のステータスを入金済みに変更することができます

【対象書類:請求書

  • 入金消込/通帳管理 ... 書類の入金ステータスの変更、入金管理画面の閲覧/入金情報の追加ができます

カスタムテンプレート

*この項目はカスタムテンプレートの「ユーザー定義テンプレート」と「標準テンプレートのカスタマイズ」双方に適用されます。

  • 作成/編集/削除 ... カスタムテンプレートの作成・編集・削除を行うことができます

  • 無効化/有効化 ... カスタムテンプレートを無効化、有効化することができます

【その他】

書類に関する権限設定の他にも下記の操作/データの閲覧を含むアクセスを制限することが可能です。

※「無料メンバー(閲覧のみ)」についても上記の閲覧権限設定ができます。

4. 管理者権限・所有者権限

「所有者」もしくは「管理者」の権限を持ったメンバーは会社アカウントの管理に関する以下の操作が可能です。

  • MakeLeapsの会社アカウントへの新規メンバーの招待

  • 権限設定

  • グループの作成・管理

  • 連携アプリへの申し込み

  • プランの変更

  • お支払い方法の変更

  • REST APIのトークンに関する操作

※MakeLeapsの会社アカウントを新規作成すると、デフォルトでは自動的に「一般権限メンバー」の利用権限が付与された「所有者」として登録されます。

1つの会社アカウントに対しご設定いただける「所有者」は1ユーザーまでですが、 「管理者」は複数ユーザーの登録が可能です。

5.権限の設定方法(管理者を複数設定する項目・所有者変更方法を含む)

※「管理者」権限を持つメンバーのみ操作が可能です。

■メンバーに操作権限を設定する

【操作方法】

(1)左メニューの「メンバー」を選択し、変更したいメンバーのメンバー名をクリック、または「権限を編集」ボタンをクリックする

(2)「メンバーの権限」ボタンをクリックし、該当メンバーに付与する権限にチェックする

(3)画面下部にある「メンバーの権限を保存」をクリックする

■管理者を複数設定する

「管理者」は「所有者」と同等の権限を持ち、メンバーの権限設定やグループの作成、連携アプリへの申し込みなどを行うことができます。「管理者」を複数人設定することも可能です。

【操作方法】

(1)ホーム画面左側のメニュー「メンバー」より、管理者に設定したいメンバー横の「権限を表示」をクリックする

(2)「利用権限」より「管理者」のチェックボックスを選択し、ページ下部のボタンで「メンバーの権限を保存」をクリックする

所有者を変更する

所有者は、初期設定では最初に会社アカウントを作成したメンバーに自動的に付与されています。「所有者」の変更は現行の所有者の方のみ可能で、一般権限を有するメンバーに限り「所有者」に設定が可能です。

【操作方法】

(1)ホームの「メンバー」より、「所有者を変更」をクリックする

(2)所有者としたいメンバーをプルダウンから選択し「保存」をクリックする

回答が見つかりましたか?