*目次
  1. MakeLeapsの「仕訳帳」機能とは
  2. 「仕訳帳」有効化の手順
  3. 「仕訳帳」の初期設定をする

1. MakeLeapsの「仕訳帳」機能とは

MakeLeapsの仕訳帳機能は、MakeLeaps上で作成された請求・入金の取引情報を作成することができる機能です。この時作成される情報の項目を「取引」と表記します。

※仕訳帳データのエクスポートは、2020年4月27日現在「勘定奉行」および「PCA会計DX」への連携にのみ対応しております。他会計ソフトへの連携や、仕訳帳データとしての出力には対応しておりませんので、予めご了承ください。

仕訳帳機能の有効化に伴い下記の点が変更となりますので、予め変更内容をご確認いただきご了承いただいた上でのご設定をお願いいたします。

  • 初期設定を完了すると入金管理画面に「入金消込」画面が追加されます。
  • 「入金消込」画面をご利用いただく場合、既存の「入金管理」画面での通帳項目と書類を紐づける作業は不可となります。
  • 「入金消込」画面では、「入金管理」画面でご利用いただけた推測機能がご利用いただけません。その代わりに、一部入金を記録することができます(※「入金消込」画面への推測機能適用は、今後改善予定)
  • 一部入金の内容は、レポートへ反映されません。(※今後改善予定)
  • 「入金消込」はベータ版(試用版)の機能となっておりますので、機能をご利用のユーザー様へフィードバックをいただくためのご連絡をする場合や、今後仕様についてアップデートが発生する場合がございます。

「入金消込」についての詳しい操作方法はこちら

2. 「仕訳帳」有効化の手順

手順1

2019年8月1日以前より「MakeLeaps」アカウントを保有されている方は、 [自社情報]タブ >「早期アクセス」より「仕訳帳」機能の「利用を開始する」を押下してください。

※早期アクセスの設定は所有者または管理者のみが可能です。

手順2

「仕訳帳」を利用する場合には、各メンバーの「権限設定」にて「仕訳帳」の操作権限を付与されている必要があります。事前に画面左側の「メンバー」より「権限設定」をご確認ください。

※権限の設定方法についてはこちら

3. 「仕訳帳」の初期設定をする

⑴ [仕訳帳]タブを押下する

※MakeLeaps for Salesforceをご利用の方は、画面左手にある[仕訳帳]を押下してください。

⑵ 「汎用的な科目を自動で作成する」を押下する

※勘定奉行およびPCA会計DXとの連携に関する操作説明につきましては、MakeLeapsサポートまでお問い合わせください。

⑶ 仕訳帳取引を自動作成したい操作にチェックを入れ、「次へ」を押下する

⑷ 各操作を行った際に自動作成される取引を、どの科目として仕分けするかデフォルトの設定を確認し「次へ」を押下する

⑸「設定完了」を押下する

*関連記事
回答が見つかりましたか?