*目次
  1. 郵送をキャンセルする
  2. セキュア送信をキャンセルする

1. 郵送をキャンセルする

※郵送をキャンセルする際の注意点

  • 郵送依頼をいただいてから30分を過ぎるとキャンセルできませんのでご注意ください。
  • 同封した書類のうち、1通でも郵送がキャンセルされると、その他書類の郵送も同時にキャンセルされます。
  • 書類を「削除」しても郵送はキャンセルされませんので、ご注意下さい。
  • 郵送依頼後に書類に編集された場合、該当書類に反映されませんのでご注意ください。

=========

キャンセルの方法については、以下の2通りがあります。

<書類一覧からキャンセル>
(1)書類一覧画面からキャンセルする書類を選択し「郵送をキャンセルする」をクリックします。

(2)キャンセル確認画面で「郵送をキャンセル」をクリックします。

(3)クリックした後に処理が完了すると以下のメッセージが表示されます。

<履歴画面からキャンセル>
「履歴」>「送付履歴」にて該当書類の「詳細を表示」をクリックし、「郵送をキャンセルする」を選択します。

2. セキュア送信をキャンセルする

受信側が書類を参照する前であれば、セキュア送信を取り消しすることができます。

※「未参照」か「参照済み」かはアイコンで確認できます。

詳しくは下記リンクをご参照ください。

▼書類一覧のアイコンの見方

<書類一覧からキャンセル>

書類一覧画面からキャンセルする書類を選択し「セキュア送信をキャンセル」を選択します。

<履歴画面からキャンセル>
「履歴」>「送付履歴」にて該当書類の「詳細を表示」をクリックし、「セキュア送信をキャンセル」を選択します。

回答が見つかりましたか?