すべてのコレクション
よくあるご質問
入金管理
Stripe連携 (MakeLeapsカード決済)とBizPay請求書カード払いの違いはなんですか
Stripe連携 (MakeLeapsカード決済)とBizPay請求書カード払いの違いはなんですか
今日アップデートされました

Stripe連携 (MakeLeapsカード決済)とは:

「MakeLeapsカード決済」はMakeLeapsのシステムから送付された請求書の支払いを、Stripeと連携しクレジットカード決済で受付けられる機能です。

請求書を受領した企業がその場で決済することができるため、入金の早期化促進につながります。また、決済された書類は自動で「入金済み」となるため、入金消し込みの手間を減らすことができます。

詳細については「MakeLeapsカード決済 / Stripe」をご参照ください。

BizPay請求書カード払い連携とは:

MakeLeapsのシステムから送付された銀行振込の請求書を「BizPay請求書カード払い」サービスと連携することでクレジットカードで支払うことを可能にするサービスです。

請求書を受領した企業は本サービスを利用することで、本来銀行振込の請求書をカードで支払うことができ、支払い先(請求書発行企業)には、BizPayが代わりに指定日に銀行振込でお支払いします。

詳細については「BizPay請求書カード払い連携」をご参照ください。

「Stripe連携 (MakeLeapsカード決済)」と「BizPay請求書カード払い連携」の違いについては、下記の表をご参照ください。

MakeLeapsカード決済(Stripe連携)

BizPay請求書カード払い

サービス利用の事前設定

書類発行側が設定

書類の受領側(取引先)が設定

カード決済の手数料

書類発行側が負担

書類の受領側(取引先)が負担

書類発行側が入金を受け取る口座

書類発行側がStripeで設定した入金の受け取り口座

請求書に記載された銀行振込口座

書類発行側が入金を受け取るタイミング

Stripe所定の出金サイクルに従う

請求書に記載された支払期日に沿って、取引先が指定した振込日

MakeLeaps対象書類の「入金日」との連動

あり

カード決済が完了すると自動的に「入金日」が更新され、入金消込される

なし

こちらの回答で解決しましたか?