*目次
  1. メンバーを招待する

  2. メンバーを退会させる

1. メンバーを招待する

Salesforce上に追加されているメンバーへMakeLeapsの「権限セット」の「割り当て」を行いMakeLeapsへの招待を完了します。

メンバーの追加方法及び「権限セット」の割り当て方法は、ご利用中のSalesforceとMakeLeapsの環境によって異なります。

それぞれ下記のリンクをご確認ください。

■Salesforce Classicをご利用中の場合:こちら

■Salesforce LightningとMakeLeaps Classicをご利用中の場合:こちら

■Salesforce LightningとMakeLeaps Lightningをご利用中の場合:こちら

※メンバーへの「権限セット」の追加からML4SFへの反映までに、時差が生じる場合があります。データが同期されない場合は、以下の手順で「ユーザの同期を実行」の操作を行ってください。

<手順>

(1)「ML自社情報」>「連携済みアプリ」>「Salesforce」の歯車アイコンをクリックする

(2)「セールスフォースの設定」>「ユーザ同期」内にある「ユーザの同期を実行」を押下する

2. メンバーを退会させる

ML4SFの仕様上、ご利用中のSalesforce環境に登録されている全てのユーザがMakeLeapsの「メンバー」として表示されます。

※MakeLeapsの「権限セット」が割り当てられていないユーザは、MakeLeapsを利用できません。

特定のユーザに対してMakeLeapsの利用のみ不可としたい場合は、対象のSalesforceユーザアカウントへの「権限セット」の割り当てを解除してください。

もしもMakeLeaps上で特定のメンバーを退会させる場合、Salesforce上で対象のユーザアカウントを無効化する必要があります。

なお、Salesforceユーザアカウントの無効化方法につきましては、Salesforce社へ直接ご確認ください。

■「権限セット」の割り当て解除の方法

(1)Salesforce画面右上の「設定」をクリック

(2)左側に表示されるメニューから、「管理」>「ユーザ」>「権限セット」を選択

(3)「MakeLeaps Classic」か「MakeLeaps Lightning」をクリック

(4)「割り当ての管理」をクリック

(5)「権限セット」の割り当てを解除したいユーザにチェックマークを入れて、「割り当てを削除」をクリック

(6)「この権限セットからこれらのユーザを削除しますか?」とポップアップが表示されるので、内容を確認し、問題がなければ「OK」をクリック

⑺ 完了メッセージを確認し、「完了」をクリック

回答が見つかりましたか?