*目次
  1. カスタムCSVインポート機能とは

  2. お申し込み方法

  3. ご利用方法

1. カスタムCSVインポート機能とは

カスタムCSVインポート機能とは、自社で使用しているシステムから出力されるファイルフォーマットを使用してMakeLeapsへ書類データをインポートする機能です。

初期設定として使用中のシステムから出力したデータとMakeLeaps書類上の項目をマッピングすることで、MakeLeaps専用インポートファイルを別途用意することなく、書類データをインポートすることができます。

※対応書類:請求書・見積書・発注書(取引先宛)

※本機能は、「法人プラン」または「エンタープライズプラン」をご利用の方に

お選びいただける有料オプション機能です。

※MakeLeaps専用インポートファイルを用いたデータのインポート機能については、こちらをご参照ください。

2. お申し込み方法

[プランの変更]ページより「法人プラン」または「エンタープライズプラン」を選択し、システム連携オプションの「カスタムCSVインポート」(1,000円/月[税抜])へチェックを入れ、「次へ」のボタンからお申し込みください。

3. ご利用方法

画面上部のタブ[自社情報] > [連携済みアプリ]より、「カスタムCSVインポート」をクリックしてください。

※詳しい操作方法につきましては、ページ内の「ヘルプ」をご参照ください。

回答が見つかりましたか?