すべてのコレクション
アカウント設定
自社アカウント
メールドメインを設定する[オプション機能]
メールドメインを設定する[オプション機能]
今週アップデートされました

PAGE TOP


※こちらの機能の導入に関しまして、ML4SFをご利用中の方は

success@makeleaps.comまたは担当営業まで直接ご連絡ください。


1. 「メールドメイン指定」とは

「メールドメイン指定」とは、セキュア送信で書類を送付する際の送信元メールアドレスを、ご自身のメールアドレスに指定できる機能です。

メールドメイン指定をしていない場合は、 [bounce@makeleaps.com]というメールアドレスから送付されます。

先方側のメール受信時に、自社のドメインを送信元として利用したい場合に、オプションにて設定することが可能です。

※「取引先受信箱へ送信」機能を使用して送付した書類の新規書類のお知らせメールには本機能は適用されません。

=================

▼例:サンプル株式会社の認証済みドメイン が「example.com」の場合、下記のメンバーからのセキュア送信は通知メールに登録したメールアドレスから送付されます。

・メンバー1: 請求太郎: taro@example.com

・メンバー2: 納品花子: hanako@example.com

※「メールドメイン指定」を利用していない場合や認証済みのドメインと異なるメールアドレスが通知メールアドレスに使用されている場合は、セキュア送信は [bounce@makeleaps.com]というメールアドレスから送付されます。

======================

ご利用料金:5,000円(税抜)/月

※会社アカウントごとの適用となるため、利用ユーザー数に応じて変動することはありません。

※どなたでもご利用いただけるgmailやyahooなどのドメインはご利用いただけません。保有されている特有のドメインをご利用いただく必要がございます。


2. お申し込み方法

プランの変更」ページから「法人プラン」または「エンタープライズプラン」を選択し、システム連携オプションの「メールドメイン指定」(5,000円/月)へチェックを入れ、「次へ」のボタンからお申し込みください。


3. メールドメインを指定する

【操作方法】

(1) ホーム画面上部の「自社情報」をクリックする

(2)ページ下部「メールの設定」の「ドメインの管理」をクリックする

※「メールドメイン指定」のお申し込みが未完了の場合は、クリックできません。

(3) ドメイン名を入力し、「ドメインを追加」をクリックする

※ドメイン名は、「@」の後から入力してください。

※gmail.comなどのドメインは利用できません。(G Suiteは利用可)

自社ドメインが追加されると、下記のように固有のTXTレコード、CNAMEレコードが表示されます。

設定の際には自社で利用されているドメインのDNSレコード設定が必要になります。

(4)自社のDNSサーバの設定画面を開き、DNSレコード設定ページにて、上記で表示されたTXTレコードとCNAMEレコードを追加する

※追加方法はご利用のメールサービスによって異なります。詳しくは各サービス会社にお問い合わせください。

※DKIM、Return-Pathの設定はともに必須となります。

▼DNSサーバの設定画面例

DNSレコードを設定すると自動的にドメイン認証が行われ、認証開始通知メールがMakeLeapsより会社アカウントの所有者の通知メールアドレス宛に送付されます。認証完了時も、同様に認証完了通知メールが送付されます。

※認証完了まで数十分〜数時間かかる可能性があります。認証完了メールが届かない場合は、入力の誤り等がないかご確認ください。

(5)認証完了後、再度MakeLeapsにログインをし、設定したドメインが表示され、「ドメインの管理」 内のステータスが「認証済み」となっていることを確認する

▼自社情報で確認する

「自社情報」画面下部「メールドメイン指定」に設定されたドメインが表示されているか確認する

▼「ドメインの管理」

「自社情報」画面下部「ドメインの管理」をクリックする

※認証が正しく完了するまで、こちらのステータスは「認証中」と表示されます。


4. メールドメインを使用する

「メールドメイン指定」機能を有効後、設定で認証されているドメインと、送信ボタンを押したユーザーの「通知メールアドレス」のドメインが一致している場合、指定したドメインでのセキュア送信を行います。

上記、両方のアドレスのドメインが一致している場合、送信されたセキュア送信の送信元アドレスは、ユーザーの「通知メールアドレス」に変更されます(一致しない場合はbounce@makeleaps.comより送信されます。)

*例

サンプル株式会社(認証済みのドメイン: example.com

★メンバー1: 請求太郎 taro@example.com

★メンバー2: 納品花子 hanako@example.com

●メンバー3: 見積二郎 jiro@example.jp

★のメンバーが送付したセキュア送信は、送信元も返信先もメンバーのアドレスになります。メンバー3が送付するセキュア送信は、認証済みドメインと一致しないため、bounce@makeleaps.comが送付元として表示されます。

通知メールアドレスの設定・確認方法は「通知・メール配信の設定を変更する」をご参照ください。

こちらの回答で解決しましたか?