【ご使用前にご確認ください】
※非課税項目は課税売上と区別されずに取り込まれます

目次

  1. ​​YAYOI SMART CONNECT 連携とは

  2. 弥生会計と連携する

  3. 利用中の弥生アカウントを選択する

  4. 弥生アカウントに取引先を追加する

  5. MakeLeapsで取引先をマッピングする

  6. 請求データを送信する

1.YAYOI SMART CONNECT連携とは

無料プラン・個人プランのユーザー様は本機能の適用対象外です。

(トライアル期間中はご利用いただけます。)

「YAYOI SMART CONNECT」を通じて、MakeLeapsの請求書データを取引データとして素早く簡単に、弥生シリーズ製品に取り込み、仕訳することができます。データを連携させることで、記帳の手間や抜け、漏れがなくなり、また簡単に確定申告書を作成できますので、より効率的な業務を行うことができる機能です。

※本機能のご利用には、YAYOI SMART CONNECT対応製品のアカウントが必要です。

対応製品一覧:https://www.yayoi-kk.co.jp/smart/product_list/

2.弥生会計と連携する

MakeLeaps上から連携する方法は以下の通りです。

【操作方法】

(1) ホーム画面の「自社情報」>「連携済みアプリ」をクリックする

(2) YAYOI SMART CONNECTの「+」ボタンをクリックする

(3)ページ下部の「認証」をクリックする

(4)弥生ログインページに移動し、登録済みの弥生アカウントでログインする

(5)「外部サービス連携確認画面」上で、MakeLeapsによる弥生アカウント情報の取得・変更許可に同意し、「同意の上連携する」をクリックする

3.利用中の弥生アカウントを選択する

【操作方法】

(1)ホーム画面の「自社情報」>「連携済みアプリ」から 「YAYOI SMART CONNECT」をクリックし、「弥生製品」欄の編集ボタンをクリックする

(2)利用中の弥生製品を選択し、「有効にする」をクリックする

※対象:YAYOI SMART CONNECT対応製品全て(オンライン、デスクトップ含)

※MakeLeapsで一度に同期できる弥生製品は一製品までです。

4.弥生アカウントに取引先を追加する

予め、MakeLeapsと同期している弥生アカウントにログイン後、「設定メニュー」>「全体の設定」>「資産管理の設定」より、「資産を管理する」が選択されていることを確認してください。

下記の手順に従い、取引先を追加してください。

【操作方法】

(1)「科目の設定」をクリックする

(2)「流動資産」を選択します。

(3)「補助科目を追加」を選択します。

(4)取引先であるクライアント名を入力する

(5)「登録」をクリックする

※YAYOI SMART CONNECT ページの詳細はこちら

※取引先は一社ずつ登録してください

5.MakeLeapsで取引先をマッピングする

下記の手順に従い、取引先をマッピングしてください。

【操作方法】

(1)「連携済みアプリ」の「YAYOI SMART CONNECT」ページからやよいアカウントに登録されている取引先を選択し、各項目右側の「確定」をクリックする

※「確定」ボタン右側の編集ボタンより、補助科目の選択を行うことも可能です。

(2)「取引データのエクスポートを開始」をクリックする

(3)表示されたポップアップ画面で請求書の発行日を選択し、「エクスポート」をクリックする

6.請求データを送信する

ご利用の弥生アカウントページから、マッピング済みの取引先との取引内容を取り込むことが可能です。1度MakeLeaps上で確定した科目は、2回目以降自動で弥生アカウントにエクスポートされます。

※取引先のマッピングが完了していない場合は、目次「MakeLeapsで取引先をマッピングする」をご参照ください。

※送信する請求データ(書類)は送付済みのステータスである必要があります。

▼関連記事

郵送代行・セキュア送信で送付する

書類の送付ステータスを変更する

下記の手順に従い、請求データを送信してください。

【操作方法】

(1)画面左メニューの「スマート取引取込」をクリックし、「未確定の取引」ページに移動する

(2)エクスポートされるデータを確認し、各科目右側のすべての項目「する」ボタンをクリック後、ページ下部の「表示されているすべての取引を確定する」をクリックする

(3)請求データが自動取込・仕訳されます

回答が見つかりましたか?