*目次

  1. 取引先を削除する

  2. 取引先をアーカイブする

1.取引先を削除する

「MakeLeapsと同期」からチェックを外し保存した場合、または、Salesforce上から取引先が削除された場合、 MakeLeapsの取引先は下記の通り処理されます。

・該当の取引先に対して書類が1枚も発行されていない場合、「削除」

・該当の取引先に対して書類が1枚でも発行されている場合、「アーカイブ」

取引先を完全に削除したい場合は、該当の取引先宛に作成された書類(削除済みも含む)を全て別の取引先宛に変更し、書類との紐付けを解除したあとで、取引先の削除操作をしてください。

※削除済みの書類を別取引先宛に変更したい場合は、履歴ページより[復元]し編集していただく必要がございます。

2.取引先をアーカイブする

「取引先のアーカイブ」とは

「取引先のアーカイブ」をすると有効な取引先から外れます。アーカイブされた取引先は書類の新規作成・編集・複製及び書類の送付をすることができなくなります。

該当の取引先に対して1件でも書類が作成されている場合、Salesforceの取引先ページで「MakeLeapsと同期」のチェックを外すことでMakeLeaps上では「アーカイブされた取引先」として表示されます。

※該当の取引先に紐づく書類がない場合、取引先は削除されます。

【取引先のアーカイブ後にMakeLeaps上でできなくなる操作】

・取引先情報、取引先ごとの送付設定の編集

・取引先に送付したセキュア送信内URLからの書類の閲覧

・書類の新規作成・編集・変換・複製及び書類の送付

【取引先のアーカイブ後にMakeLeaps上で可能な操作】

アーカイブ前に作成された書類はアーカイブ時点での書類状態で保持されます

・既存書類PDFの表示・閲覧・PDFダウンロード

・入金消込

・書類の無効化

【MakeLeaps for Salesforce画面】

これまでの操作履歴は「ML履歴」オブジェクトでご確認いただくことが可能です。

【アーカイブされた取引先の再同期】

アーカイブされた取引先は有効な取引先上限数に余裕がある場合のみ、有効な取引先として再同期いただくことも可能です。

取引先を再同期する場合はSalesforceの画面上で「MakeLeapsと同期」のチェックを入れ保存してください。再同期後は、アーカイブ前と同様にご利用いただくことが可能です。

回答が見つかりましたか?