※Salesforce Lightning ExperienceにてMakeLeaps Lightningをご利用される場合の手順です。

*目次
  1. Salesforce画面レイアウトの編集
  2. 「書類リスト」を追加する
  3. 「取引先」に「MakeLeaps同期」を追加する
  4. 「取引先リストビュー」に「MakeLeapsと同期」を追加する

1. Salesforce画面レイアウトの編集

MakeLeapsの書類は、Salesforceのリード、取引先、取引先責任者、商談のいずれかに関連付けられます。Salesforceのそれぞれのオブジェクトの画面レイアウトに、関連付いた書類の一覧を追加することができます。また、オブジェクト毎にMakeLeapsとのデータ同期をオン/オフする「MakeLeapsと同期」チェックボックスを追加します。

2. 「書類リスト」を追加する

(1)「設定」>画面上部の「オブジェクトマネージャ」をクリック

(2)一覧の中から、該当するオブジェクト名をクリック

※「書類リスト」は「リード」「取引先」「取引先責任者」または「商談」オブジェクトに追加できます。

(3)左のリストより「Lightning レコードページ」をクリック

(4)[a] 新規レコードページに追加する場合

  ①「新規」をクリック

  ②「レコードページ」を選択して「次へ」をクリック

  ③ 2つの項目を入力後、「次へ」をクリック

   ※表示ラベル ... 適切な名前(例:MakeLeaps取引先

   ※オブジェクト... 該当するオブジェクトを選択(例:取引先

  ④上部のタブより「SALESFORCEのデフォルトページをコピー」を選択し、「完了」をクリック

(4)[b] 既存のレコードページに追加する場合

  ①書類リストを追加したいレコードページ名をクリック

  ②詳細画面より、「編集」をクリック

(5)左側「コンポーネントを検索…」と書かれているところへ「MakeLeaps」と入力

(6)検索結果より「MakeLeaps書類」をドラッグして、レイアウトへ追加

※レイアウト上での追加箇所はご自由にお選びください。

(7)右上の「保存」をクリックし「有効化」をクリック

(8)ご利用のSalesforce環境に応じてデフォルト設定を選択の上、「完了」をクリック

※特に指定がない場合は「組織のデフォルト」>「組織のデフォルトとして割り当て」をクリックし、設定を完了してください。(SALESFORCEヘルプ「Lightning Experienceレコードページの有効化」についての詳細はこちら。)

3. 「取引先」に「MakeLeapsと同期」を追加する

(1)画面上部の「オブジェクトマネージャ」をクリック

(2)一覧の中から「取引先」をクリック

(4)左メニュー「ページレイアウト」をクリック

(5)ページレイアウト内の「取引先レイアウト」をクリック

(6)レイアウトパネル内の「Sync with MakeLeaps」を下部の「取引先情報」にドラッグ&ドロップ

4. 「取引先リストビュー」に「MakeLeapsと同期」を追加する

(1)画面右上の「設定」ボタンをクリック

(2)左メニュー「Einstein」>「Einstein Search」>「検索レイアウト」をクリック

(3)「取引先」をクリック

(4)「デフォルトのレイアウト」をクリック

(5)カスタムボタン内の「MakeLeapsと同期」を「選択したボタン」に追加する

(操作前)

⬇︎
(操作後)

(6)「保存」をクリック

*次の手順
*前の手順
回答が見つかりましたか?