システム上既存の商品項目のデータをエクスポートすることで、商品項目を一括編集することができます。

※「MakeLeaps for Salesforce (ML4SF)」をご利用の場合、本手順はMakeLeaps上で登録する商品に対しての操作となります。Salesforce上に登録されている「商品」や「価格表」とは連動されないため、ご留意ください。

⒈ホーム画面左側メニューより「商品一覧」を選択し、画面上部の「エクスポート」ボタンをクリックします。

⒉ポップアップ画面が表示されるので、ご希望のファイルの種類を選択し、データをエクスポートします。

⒊エクスポートしたデータのシートより「消費税率」「税区分」を必要に応じて編集してください。

※税区分は[default]、[alternate]、[custom]の3種類からお選びいただけます。
default: 自社情報(または自社設定)ページの「消費税率」に設定されている税率が反映されます。
alternate: 自社情報(または自社設定)ページの「軽減税率」に設定されている税率が反映されます。
custom: 任意の税率を設定していただけます。「税区分」において[custom]を指定した場合、「消費税率」の欄へ任意の税率を入力してください。

▼自社情報(または自社設定)ページより、デフォルトの消費税率・軽減税率を設定する方法はこちら

※インポートの際の注意点

既存の登録商品に「商品コード」が登録されている場合、インポート時に「商品コード」を指定していただくことでデータが上書きされます。
既存の「商品コード」を指定せずインポートした場合、新規の商品として追加登録されるため、ご留意ください。

データのインポートと同じ手順で、保存したデータを「MakeLeaps」上にアップロードします。

回答が見つかりましたか?