軽減税率の対象品目、または複数の税率ごとの項目金額表示に対応した書類データをインポートする際は、最新版のインポート雛形(サンプルファイル)をダウンロードしてご利用ください。

※上記書類作成が不要である場合:従来の雛形ファイルも継続してサポートしておりますため、引き続きご利用可能です。

⒈ホーム「自社情報」の「インポート」タブより、「書類データ」の種類を選択し、雛形をダウンロードします。
※「MakeLeaps for Salesforce (ML4SF)」をご利用のお客様は、MakeLeapsホーム画面の「自社設定」タブより操作を行ってください。

⒉ファイルを開き「はじめにお読みください」を一読します。ここに記載されている形式に従って、シート「インポートファイル雛形(こちらにご記入ください)」に実際に作成されたい書類データを入力します。

■従来の雛形ファイルからの変更点

・複数の税率の商品項目が混在する場合、各項目行の「消費税率」と※「税率ごとの小計」「税率ごとの消費税」の値を入力してください。
 ※「自動計算」を適用させる場合は空欄にしてください(入力不要)。

・税率ごとに項目が分類された書類を作成したい場合は、「消費税率ごとに項目を分類する」のセルに「TRUE」(不要な場合は「FALSE」)と入力してください。

⒊「自社情報」の「インポート」タブに戻り、「ファイルを選択」ボタンをクリックして編集したファイルを選択し、最下部の「インポート」ボタンをクリックします。

⒋読み取られたデータを確認できたら、「インポートデータを確認」ボタンをクリックします。

⒌インポートが正常に完了すると、以下の画面が表示されます。



回答が見つかりましたか?