MakeLeapsでは、以下のデータをExcelまたはCSVファイルからインポートできます。

・書類データ
・顧客データ
・定型パターンのデータ
・入金管理の入金データ
・作成予約のデータ
・送付依頼のデータ
・商品データ(法人プランのみ)

※データのインポートは個人プラン以上でのみご利用いただけます。
※「商品データ」のインポートは法人プランのみでご利用いただけます。
※インポートファイルサイズの最大サイズは、10.0MBです。

【操作方法】

1. ホーム「自社情報」から「インポート」をクリック

2. 希望のデータファイルをクリックし、ファイル(Excel/CSV)をダウンロード
※ダウンロード時はExcel形式となっておりますので、CSVをご利用されたい場合はご自身にてご変換ください。

3. 弊社指定形式のとおりにファイル(Excel/CSV)にデータを入力
※ファイル内のページ「はじめにお読みください。」をご参照ください。

4. 作成された書類データ( Excel/CSV )を選択し、同じページ上の「インポート」ボタンをクリック

5. 読み取られたデータを確認できたら、「インポートデータを確認」ボタンをクリックします。

6. インポートが正常に完了すると、以下の画面が表示されます。



国名コード一覧はこちら


*関連記事
取引先を一括インポートする
商品データを一括インポートする


【クライアント・定型パターン外部IDとは】

インポートファイルの「クライアント外部ID」「定型パターン外部ID」とは、取引先や定型パターンごとに任意で設定できるIDです。
通常システムは、インポート時に「取引先名(クライアント名)」「定型パターン名」が完全一致するかで紐付けする取引先・定型パターン名を認識していますが、外部IDを利用することで、取引先名・定型パターン名の相違に関わらず、取引先や定型パターンを紐付けることが可能です。

(例)
◼︎既存登録の取引先
取引先名 | クライアント外部ID
ABC株式会社 | 123
ABC株式会社 | 456

◼︎インポート
書類番号 | 取引先名 | クライアント外部ID
請求書番号 101 | ABC株式会社 | 123
請求書番号 102 | ABC株式会社 | 456
請求書番号 103 | ABC株式会社 | 789
請求書番号 104 | ABC株式会社 | (空白)
請求書番号 105 | XYZ株式会社 | 123

◼︎結果
請求書番号101 は最初のABC株式会社(ID:123)に紐づく
請求書番号102 は二番目のABC株式会社(ID:456)に紐づく
請求書番号103 は新規のABC株式会社(ID:789)を作成し、紐づく
請求書番号104 は新規のABC株式会社(ID:なし)を作成し、紐づく
請求書番号105 は最初のABC株式会社(ID:123)に紐づき、書類の宛先もABC株式会社に自動変更される

(20191011)

回答が見つかりましたか?