外部販売管理ソフト「商奉行」や「PCA商魂DX」とMakeLeapsを連携させる事で、それらの請求情報を元に請求書の電子送付、または、郵送代行による紙送付が簡単に行えます。送付作業の効率化、郵送コストの改善が可能となります。

「商奉行連携」や「PCA商魂DX連携」では、CSV形式のファイルを用いて商奉行やPCA商魂DXの請求書データをMakeLeapsへインポートし、MakeLeaps上で請求書の送付(セキュア送信 / 郵送依頼)を実現します。

回答が見つかりましたか?