「勘定奉行」や「PCA会計DX」勘定科目データ(取引先・科目・部門 等)を使用し、MakeLeaps「仕訳帳」に登録された取引データをエクスポートすることができます。(ファイル形式:CSV)

仕訳された請求関連取引のデータファイルを用いて、連携先の会計ソフトに反映することが可能です。

⒈「自社情報」から「連携済みアプリ」のページを開きます。

⒉ 表示された連携アプリの中から「勘定奉行」または「PCA会計DX」を選び、設定アイコンをクリックします。

⒊「エクスポート」ページ内にて、指定日を設定の上、「エクスポート」をクリックしていただくと、ダウンロードの準備が開始されます。(少々お時間いただく可能性もございます)

⒋ファイルリストが表示されたら、ファイル名[勘定奉行]または、[PCA]をクリック

上記の手順でダウンロードが完了です。

回答が見つかりましたか?