⒈早期アクセスより「仕訳帳」の機能を有効化させます。
※本設定は、2019年8月1日以前より「MakeLeaps」アカウントを保有されているお客様のみ必要です。
※早期アクセスの設定は所有者または管理者のみが可能です。


⒉「仕訳帳」タブをクリックします。
⒊ 会計システムの初期設定ページより「初期設定」ボタンをクリックします。

※「これまでの書類データを読み込む」にチェックを入れると、既存の請求書の送付日や入金日を元に取引情報を作成します。無効化されている場合は作成されません。

回答が見つかりましたか?