MakeLeapsでは、以下の9種類の書類を作成することができます。

  • 発注書(自社宛)
  • 見積書
  • 発注書(取引先宛)
  • 注文請書
  • 作業報告書
  • 納品書
  • 検収書
  • 請求書
  • 領収書


【発注書(自社宛)と発注書(取引先宛)の違い】

  • 発注書(自社宛):御社宛に発行(返送)することを想定した発注書です。宛先には御社名と御社住所が表示されます。
  • 発注書(取引先宛):御社が取引先宛に発行することを想定した発注書です。宛先には取引先名と取引先住所が表示されます。

【検収書と受領書の違い】

  • 検収書:受注側から納入された商品やサービスの数量、種類、内容などについて、問題なく適切なものであることを発注者が点検したことを証明する文書のことです。検収書を発行した後は、例外的な場合を除き、商品やサービスに対するクレームを主張しないということを受注側に伝えたことになります。
  • 受領書:発行するタイミングは検収書と似ていますが、受領書は商品を確かに受領したことのみを証明する書類です。商品やサービスの内容確認の証明にはなりませんので、受領書のみ発行された場合は、後からクレームを受ける可能性があります。

【検収書の宛先】
御社宛に発行(返送)されることを想定した書類のため、宛先には御社の社名と住所が「行」と共に表示され、送付元には取引先の社名と住所が記載されます。

(20190731)

回答が見つかりましたか?