目次

  1. Slack連携とは

  2. Slackと連携する

  3. 追加したチャンネルの通知設定

  4. 追加したチャンネルを削除する

  5. Slack連携を解除する


1.Slack連携とは

​​

無料プラン・個人プランのユーザー様は本機能の適用対象外です。

(トライアル期間中はご利用いただけます。)

MakeLeapsの操作履歴をSlack上で表示することで、作業のアップデートを随時確認することができます。他にも承認、郵送依頼の投函完了など様々なイベントをSlackに連携することが可能です。


2.Slackと連携する

MakeLeaps上から連携する方法は以下の通りです。

※SlackのApp管理の「サイトにアクセスしてインストールする」から設定することはできません。

以下の手順に従って設定してください

【操作方法】

(1) ホーム画面の「自社情報」>「連携済みアプリ」をクリックする

(2) Slackの「+」ボタンをクリックする

(3)「Add to Slack」をクリックする

(4)投稿先のチャンネルを選択し、「許可する」をクリックする

(5)「連携が完了しました」と表示されるとSlack連携が使えるようになります

※当社が事業を行うにあたり、お客様から提供された個人情報をどのような方針で利用・管理するかについて定めた「プライバシーポリシー」については下記リンクをご参照ください。

プライバシーポリシー

3.追加したチャンネルの通知設定

【操作方法】

(1)ホーム画面の「自社情報」>「連携済みアプリ」からSlackをクリックする

(2)「編集」をクリックする

(3)Slack設定の画面で表示されているチャンネルで、通知を受けるイベントを選択し「保存」をクリックする

削除 – 「ゴミ箱マーク」をクリックし、追加したチャンネルを削除した時に通知されます

復元 – 一度削除したチャネルを復元した時に通知されます

編集 – 「編集」をクリックし、内容変更後に「保存」をクリックすると通知されます

開始 – 「Add to Slack」をクリックし、新しいチャンネルを追加した時に通知されます

その他、グループ・定型パターン・メンバー・自社情報・取引先のメモ・メールドメイン指定・段階承認フロー・送付依頼・承認設定において変更通知を設定することができます。

以下のイベントに関しては書類の種類ごとに設定できます。書類の種類を指定してから、イベントを選択してください。

4.追加したチャンネルを削除する

【操作方法】

(1)ホーム画面の「自社情報」>「連携済みアプリ」からSlackをクリックする

(2)「ゴミ箱マーク」をクリックし、追加したチャンネルを削除する

5.Slack連携を解除する

【操作方法】

(1)Slack画面上よりAppの「+」をクリックする

(2)「Appディレクトリを表示」をクリックする

(3)Appディレクトリページの画面右上にある「管理」をクリックする

(4)管理画面のAppタブを選択し、「MakeLeaps」をクリックする

(5)「アプリを削除する」をクリックすると、Slackとの連携が解消されます

回答が見つかりましたか?