請求する項目が複数にわたる場合は、用途に合わせて項目の追加ができます。追加可能な項目は、「項目」「見出し」「簡易項目」の3種類があります。項目の種類を変更する場合は、各行左側の「▼」をクリックし、選択してください。

  • 項目
    「項目」は、項目名と単価、数量、消費税、源泉税の全てを記入・選択する際に使用します。
  • 見出し
    「見出し」は、案件名やプロジェクト名など、請求する項目に関しての説明を加える際に使用します。
  • 簡易項目
    「簡易項目」は、単価・数量が不要な際に使用します。
回答が見つかりましたか?