定型パターンの設定をすることで、よく使う設定、項目、銀行振込先等をパターンとして書類別に保存でき、繰り返しが多い書類作成の時間を短縮することができます。

保存できる項目:
自社情報、期限日、通貨、項目名、単価、数量、価格、小計、源泉税、消費税率、合計金額、振込先、備考、テンプレートの選択、社印表示、タグ他

■定型パターンを作成する

  1. 上画面にある「書類設定」タブをクリックし、画面下部にある「定型パターンを作成」タブをクリックします。
  2. 定型パターン化したい書類の種類を選択すると、定型パターン作成画面が出てきます。
  3. 定型パターン名、金額、振込先の情報等を入力し、ページ下部の「保存」をクリックします。
  4. 新規作成した定型パターンは「その他の定型パターン」の下に表示され、そこから書類を作成することができます。

■既存の書類から定型パターンを作成する

定型パターン化したい既存の書類を選択し、右側のメニューより「変換」をクリックします。
「定型パターンを作成」をクリックすると、既に作成した書類を定型パターンにできます。

(20190701)

回答が見つかりましたか?